お祈りトレーダーの日常

日々、神様にお祈りを捧げながらトレードをしている20代投資家。投資歴は5年。後ろから神に見られているのか、取った行動が全て裏目に出てしまう。主に資産(金、物、人)、日々の日常についての記事を書いていきます。

自分の時間単価を知って日々の生活に活かそう

こんにちは。宇治まっちゃです。

 

みなさんは自分の時間単価について考えたことがありますか。

 

なかなか考えたことがあるって人は少ないと思います。

 

自分は常に時間単価を意識して生活しています。まず簡単に時間単価について説明しますね。

 

まあ文字のままなのですが、【一時間当たりどれだけお金を稼げるか】です。これを知ることによって日々の行動が変わると思います。

 

結構月給で働いている人が多いので、「自分の時給ってどれくらいなんだろ?」って思う人も多いと思います。

 

時給で働いている人は「このくらい」と言えると思いますが、厳密に言えば、仕事場を往復する時間だったり、準備する時間も考慮しなければなりません。

 

女性だったら化粧とかブローの時間で結構かかりますよね。

 

仮に時給が1000円だとしても、通勤時間が多かったり、準備する時間が多いと時間単価は1000円を下回ります。月給で働いている人は

 

【月の平均給料】÷【月の労働時間(通勤時間も含む)】で計算すれば出ると思います。

 

実際に時間単価を計算してみました。

 

私の通勤時間は往復15分とあまりかからないので、準備時間も含め、労働時間+1時間で計算しました。それと昼休みも会社に拘束されているという観点から今回は含めて計算します。

【月の労働時間】=【9h/日(昼休含む)+1h通勤時間】×【20日

【時間単価】=【月の平均給料】÷【月の労働時間】

 

とりあえずざっくりとした計算ですが、これで出ます。

 

自分も初めて計算したんですが、なんと時給1000円下回ってました(笑)まあ実際チラシとかに書いてある時給は、通勤時間とか考慮されてませんからね。仕方ありません。

 

で、この計算した時間単価をどう生かしていくか、身近な例で説明していきます。

 

最近見たことですが、年末にガソリンを入れに行きました。すると、【ドライブスルー洗車200円→100円】と書かれた看板が立っていました。

 

そこに10台くらい並んでいて、1台3分と考えるとだいたい最後尾の人が車を洗うのに30分くらいかかるでしょうか。

 

セールですので200円の洗車で100円得しますよね。

 

ですがここで考えなければいけないのが、自分の時間単価です。

 

仮に時間単価1000円で考えると、30分の待ち時間だけで500円の損になります。

 

100円得るために500円を失うわけです。

 

他にも300円のパンが無料だからと言って、1時間も行列に並ぶのは目に見えない損失です。時間をお金に換算すると-700円です。

 

この前、記事(下記参照)にもしましたが、時間はお金より重いです。時間を有効活用できれば自然とお金がついてきます。時間は有限です。有効的に使っていきたいですね。

 

前回の記事はこちら↓

www.ujimacha.work