お祈りトレーダーの日常

日々、神様にお祈りを捧げながらトレードをしている20代投資家。投資歴は5年。後ろから神に見られているのか、取った行動が全て裏目に出てしまう。主に資産(金、物、人)、日々の日常についての記事を書いていきます。

投資はいくらから始められる?若いうちに始めたほうが良い?

 

こんにちは。宇治まっちゃです。

 

今回は資産運用の投資について説明したいと思います。

投資資金はいくら用意すればいい?

たまに友人から、「投資したいんだけどいくら必要?」と聞かれることがあります。

結論

 

 

100円から出来ます

 

 

実際100円だとあまり利益は得られませんが、投資というのはどういうものか、というのを実際にやってみるのには良いかもしれません。習うより慣れろです。

 

株はいくらから買える?

株価が100円の株式であれば、100円×100株(通常100株単位でしか買えない)で1万円必要ですが、証券会社によっては1株から買うことが可能です。単元未満株(ワン株)と呼ばれるもので、通常は100株単位で取引されているのを1株から購入することができます。これを使うことによって、株価の高い株を少ない資金で購入することができます。

 

若いうちに始めたほうが良い?

これは間違いなく若いうちに始めたほうが良いです。よく「お金がないから始められない」という言葉を聞くのですが、むしろお金がない時に始めたほうが良いです。なぜかというと、資金が少ないので仮にマイナスになったとしても軽傷で済むからです。前回の記事(下記参照)で100人中95人の人が負けると書きました。右も左もわからない状態で戦場に行くので搾取されてしまうんです。だから少ない資金で経験してみるのが大切です。ちなみに私が株を始めた時の元手は20万円くらいでした。その年5万円くらいの負けだったと思います。社会人成りたてで、投資資金が少なかったため損失は少なかったです。

投資は余裕資金で

退職金を投資に回してお金がなくなったという年配の方をたまにみかけます。株の経験も知識もない状態で莫大な資金を投じるため、大きな損失が出るのです。退職金が入ると銀行などから営業がきますからね。そもそも投資は本来余裕資金でやるものです。退職金は老後の生活資金ですよね?生活資金を投資に回してはいけません。

 

最後に

お金のない今のうちに投資を始めることによって、世界経済・ニュースに対してアンテナを貼ることができます。社会人である以上、世の中に対して無関心であるわけにはいきません。仮に一年目損失が出ても、それは授業料です。

 

前回の記事↓

www.ujimacha.work