お祈りトレーダーの日常

日々、神様にお祈りを捧げながらトレードをしている20代投資家。投資歴は5年。後ろから神に見られているのか、取った行動が全て裏目に出てしまう。主に資産(金、物、人)、日々の日常についての記事を書いていきます。

スーパーのセールは目に見えない損が多い!?

こんにちは。宇治まっちゃです。

 

日常で生活する中で、スーパーでの食材調達は必要不可欠です。

 

チラシなどの特売品を狙って買い物に行く人も多いはず。

 

今回は私がスーパーに行くときに意識していることを話したいと思います。

 

目次

スーパーのセールは得か

私はよく【○オングループ】のスーパーで買い物をするのですが毎月20日と30日は税込価格から5%オフになります。

 

ですが、私は敢えてセール日を外します。

 

理由は目に見えない損が多いからです。

 

セールのメリット

セールのメリットはもちろん【安く買える】ことですよね(笑)○○%オフだと何だか得した気分になります。

 

家計簿を付けている人なら、数字で成果が出るので目に見えて実感がわきます。

 

セールのデメリット

【セール】と聞くと「お得」という感覚になりますが、それは目に見える得です。

 

目に見えない損も考えなければいけません。

 

具体的には以下のようなものがあります

 

  1. 店が混んで時間を失う
  2. 事故をするリスクが高まる
  3. ウイルス感染のリスクが高まる

 

まず、セール時にはかなり混みます。駐車場に停めるのにもいつもより時間がかかりますし、会計を済ませるにも時間がかかります。

 

前の記事にも書いたとおり、時間は有限です。

 

それから事故を起こすリスクも高まります。

 

駐車場が満車になり、なかなか停められません。

 

気が荒立っている運転手もいて、無謀な運転をする人もいます。

 

いつもよりも事故を起こす可能性は格段に上がります。

 

ウイルスに感染する可能性も上がります。人が多いですから風邪をひいている人も中にはいます。

 

もし感染したら会社を休むことになり、社会的信用、時間を失うことにつながります。

 

まとめ

セールは食材が安くなってお得ですが、見えない損にも目を向けなければなりません。例えセールじゃなくてもお昼時や夕方などの混む時間を避けることによって、目に見えない損を減らしましょう。